観葉植物の虫の対処法

観葉植物を部屋に飾っている人は多いと思います。
そんな観葉植物にある日突然虫が付いていたら・・・考えるだけでも恐怖ですが、実際に観葉植物に虫が付いてしまうことは良く起こることです。

観葉植物に発生する虫で最も多いのはコバエで具体的にはショウジョウバエやノミバエ、キノコバエという種類が多いです。次にアリやトビムシといった小さい虫も観葉植物には付きやすい虫と言われます。

ちなみに我が家では白いカイガラムシが出たことがあります。
観葉植物の中には虫が付きにくい種類もあって、例えばシュロチクやサボテンなんかは虫が付かない観葉植物と言えるでしょう。

観葉植物に虫が付かないようにする為には虫除けはもちろん、発生したら駆除するというような対策が必要になります。例えば、虫除けという意味では観葉植物を置く場所は湿気の少ないところにしたり、水をあまりあげ過ぎないようにする、土を清潔に保つといったことが挙げられます。水とハッカ油を使って予防をするという対策もあります。

毎日観葉植物を観察して、虫が発生したらその度に小まめに駆除する必要もあるでしょう。成虫の場合殺虫剤が効かない場合もあるのでそういったケースでは地味ですがピンセットなどで取り除くようにしましょう。

観葉植物の虫対策グッズもたくさん販売されているのでホームセンターの通販サイトなどを覗いてみてはいかがでしょうか?車高価買取 東京